【日経ビジネスONLINE 記者の眼】Lovetechラボの調査データが掲載されました

日経ビジネスONLINEの特集コーナー「記者の眼」にて、カップリングユニオンが運営する研究機関「Love Tech(ラブテック)ラボ」による市場予測の調査データをご紹介いただきました。マッチングアプリが昨今どのように利用されているかを切り口に、他社サービスと比較した「タップル誕生」の特徴について触れていただいています。 記事はこちら

2017.06.16

エンジニア発信の施策、“エンジサク“の取り組みについて

ヴァルヴェルデ・アントニオ 「タップル誕生」サーバーサイドエンジニア スペイン出身、現地の大学院を卒業後2013年サイバーエージェント新卒入社。入社後は基盤システムやソーシャルゲームの立ち上げ・運用に携わった後、2015年12月より株式会社マッチングエージェントに出向し、現職。 みなさんこんにちは! マッチングエージェントでサーバーサイドエンジニアをやっているアントニオです。 今回は、マッチングエージェントで実施しているエンジニア発案の施策「エンジサク」について、この記事で紹介します。 きっかけ これまで、エンジニア発案の施策アイデアはいくつかありましたが、実際に施策に落とし込むまでできていない課題がありました。 なぜこういう状態になっていたかを考えて、一因は下記だと判断しました。 そもそも提案する場がない。 エンジニアが提案する文化がない。 チームレベルでも正式に提案ができる場を作ると、上記の問題は解決すると思いました。その理由でエンジサクが生まれました。 また、私自身エンジニアとして新しいチャレンジを求めていたこともありました。個人的にいつも同じことをやるより、色々チャレンジするほうが好ましいです :)。 エンジサクのメリット メリットは大きく三つあります。 1. 名前をつけることでエンジニア発信の施策を促進させる きっかけに書いた通り、提案ができる場が存在するだけで、エンジニア側で提案をする文化は自然に現れます。みんなで施策を考えることが当たり前のことになるのが重要だと思っています。 2. エンジニア目線でのアイディアが出せる エンジニアとプランナーとでは、これまでの社会人としての経験や文化が違うので、思い付くアイディアが異なると考えています。もちろん、エンジニアとプランナーとでどちらのアイディアが優れているという話ではなく、単純にサービスには色々な目線があったほうがいいということです。 3. システムに理解があるため、コスパの良いアイディアが出しやすい エンジニアはシステムの知識を持っているので、自然と低い工数で成果が出せる施策を考えることができます。また、パフォーマンスや実現性を考慮して施策を考えられることもメリットだと思います。 フロー エンジサクの提案からリリースまでの流れは以下の通りです。 提案の準備 提案するまで、下記のようなステップがあります。提案するのに沢山の時間を使うのはあまりよくないと思うので、シンプルにやることが重要です。 ネタ探し : どういう施策をやりたいかを考えること。MTGやユーザの声やたまたま見かけたコードや色々なところからヒントがもらえる。 他のメンバーと相談する : もしやることになったら、それぞれ必要になりそうな担当と相談する。例えば、デザインやクライアントの対応が必要になる施策ならそれぞれの担当に相談する。 データ分析を軽くする: チームで追っているKPIが重要なので、データアナリストが簡単に取れるデータなら頼む。難しいようであれば、相談だけでも大丈夫。 提案書を作成する : シンプルにテキストに書く。基本的に入れる項目は概要、KPIへの影響、そのほか懸念事項、工数など。 提案 作成した提案書を使って、プロデューサーに提案します。プロデューサーと認識を合わせて、提案の内容は変更や調整を行うこともあります。 ジャッジは下記のポイントで行います。 工数・インパクト : コスパのこと。工数に対して予想したインパクトを検討する。 タイミング: タイミングも検討する。他の施策とかぶったり、リソースが足りてなかったり、など。 リリースまでの作業 提案した施策がやることになったら、それで終わりではありません。自分がその施策を実装することになった場合でも、ならなかった場合でも、リリースまでフォローするべきです。主に下記です。 資料を作成 : 資料の作成等を引き継ぐこともある。 KPI設計: データアナリストとプランナーとともにKPI設計する。 責任を持つ : 関わるメンバーをフォローして、デザイン、クライアント、サーバーまで品質担保する。進捗確認、リリース直前の最終操作や資料の確認などのこと。 リリース後の作業 […]

2017.05.30

【CanCam 7月号】タップル誕生が紹介されました

女性誌CanCamの2017年7月号にて「タップル誕生」をご紹介いただきました。 「スマホでいい恋する方法」という特集テーマのもと、マッチングアプリの使い方や、異性に好意的に受け止められるプロフィールの内容などが詳しく解説されています。 タップル誕生は、話題のアプリとしてご紹介いただきました。 CanCamはこちら

2017.05.23

マッチングエージェント、オンライン恋活・婚活マッチングサービスの国内市場調査を実施 | マッチングアプリ・恋愛・婚活データ

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社でマッチングサービス「タップル誕生」を運営する株式会社マッチングエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:合田武広)は、オンライン恋活・婚活マッチングサービスの市場動向やユーザーの利用動向の調査を行う専門組織Love Tech(ラブテック)ラボを設立いたしました。 その第一弾調査として、株式会社 デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で実施した、国内におけるオンライン恋活・婚活マッチングサービスの市場調査を発表いたします。調査結果は以下のとおりです。 日本のオンライン恋活・婚活マッチングサービスについて オンライン恋活・婚活マッチングサービスとは、恋愛や結婚対象となるパートナーをオンライン上で紹介するサービスです(※1)。サービスは、10代後半から20代前半を主なターゲットとして恋愛目的の利用を訴求する恋活サービスと、20代後半以降を主なターゲットとして結婚目的の利用を訴求する婚活サービスの二つのカテゴリに分類されます。 日本においては、2000年頃よりPC向けWebサービスの提供が進みましたが、欧米諸国と比べオンライン上での出会いや自身のプロフィールを公開することに抵抗感を感じるユーザーも多く、その需要は一部のユーザー層にとどまっていました。 2010年代に入り、スマートフォンの普及により手軽に使えるスマートフォンアプリやソーシャルメディアの広がりとともに、ユーザーがオンライン上でコミュニケーションを取りながら新しい出会いを求めることに対する社会的な理解が醸成されつつあります。 本調査では、ユーザーがオンライン恋活・婚活マッチングサービスの利用に支払う利用金額の年間合計額を推計し、市場規模予測を算出しております(※2)。 国内のオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場規模予測 2017年のオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は、アプリサービスが成長をけん引し、2015年比73%増の208億円。5年後の2022年は、2017年比約2.8倍の577億円に拡大すると予測。 2017年は、過去2年間にかけて新規参入した大手サービス事業者によるスマートフォンアプリが市場成長に大きく寄与し、2015年比73%増の208億円と高い水準の成長を遂げることが見込まれます。また、従来Webサービスを提供してきた事業者が、新たにスマートフォンアプリの提供を開始する取り組みもみられるほか、位置情報などを活用した、スマートフォンアプリならではの特徴的な新しいサービスも登場するなど、サービスの多様化が進んでいます。 少子化問題の有効な解決策の一つとして注目される婚活サービスの成長下において、手軽かつ効率的に幅広い出会いが得られるオンライン恋活・婚活マッチングサービスは近年普及が進んでおりますが、今後その社会的役割は、益々高まることが予想されます。サービス利用者の拡大により、5年後の2022年のオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場規模は、2017年比約2.8倍の規模となる577億円に拡大すると予測されます。 サイバーエージェントグループのマッチングサービス 現在、サイバーエージェントグループではマッチングサービス事業を新たな注力分野と位置付け、趣味でつながる恋活サービス「タップル誕生」の他に、「すれ違いを恋のきっかけに」をコンセプトに、位置情報を利用したサービス展開をする「CROSS ME」等、合計4つのマッチングサービスの提供を行っており、今後は株式会社トルテおよび株式会社aite(株式会社ウエディングパーク100%子会社)から新たなマッチングサービスの提供も予定しております。 ※1 本調査におけるオンライン恋活・婚活マッチングサービスの定義 オンライン恋活・婚活マッチングサービスとは、オンライン上で結婚や恋愛のパートナーを紹介するサービスで、出会い系サイトなど「大人の出会い」を訴求している倫理性の低いサービスや、サービス上で公開されているユーザー情報の秘匿性が高いものを除きます。 ※2 該当サービスに対してユーザーが支払う利用料の合算値を対象に市場規模を算出しております。 調査概要 調査主体:株式会社マッチングエージェント 調査時期:2017年2月から2017年3月 調査方法:株式会社ネットマーケティングをはじめとする業界関係者へのヒアリング、ユーザーWebアンケート調査、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集 調査対象:オンライン恋活・婚活マッチングサービス 調査機関:株式会社デジタルインファクト ※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社のクレジット(Copyright ©MatchingAgent, Inc. All Rights Reserved.)を記載してください。 ※転載メディア 日経ビジネスONLINE 記者の眼 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/061300475/?P=2&prvArw

2017.05.02

【mina 4月号】タップル誕生が紹介されました

女性誌minaの2017年4月号にて「タップル誕生」をご紹介いただきました。 「今さら聞けない恋の始め方」というテーマのもと、恋を始める様々なヒントについて特集されています。 タップル誕生は、すきま時間で彼をGETする手段としてご紹介いただきました。 minaはこちら

2017.02.20

【美人百花 2月号】タップル誕生が紹介されました

女性誌美人百花の2017年2月号にて「タップル誕生」をご紹介いただきました。 「ネット婚活ってどうなんですか?」というテーマのもと、基本的な利用方法や、為になる失敗談などが特集されています。 タップル誕生は、主なネット婚活サービスとしてご紹介いただきました。 美人百花はこちら

2017.01.13

【Oggi 2月号】タップル誕生が紹介されました

女性誌Oggiの2017年2月号にて「タップル誕生」をご紹介いただきました。 「2017年 今年こそ、結婚します!」というテーマのもと、酒屋婚活、ハワイ結婚相談所婚活と共にマッチングアプリ婚活が特集されています。 タップル誕生は、実際に広く利用されているマッチングアプリとしてご紹介いただきました。 Oggiはこちら

2016.12.27

【カップル事例】僕達の家族に、山ほどの幸せをあげたい!

haaaさん(27歳) 静岡県 まさか、運命の人がアプリにいたなんて 何気ない暇つぶしではじめたタップル誕生。 彼からもらった「いいかも」でやり取りがスタート。 なんか、本当にいいかも…そんな気持ちで実際に会った彼は、真面目そうで、シャイで、可愛いくて…とてもドキドキしてしまいました。 交際スタートから1年。この海の見える公園で、彼が、プロポーズしてくれたんです。 嬉しさで、胸がいっぱいになりました。 本当に、本当に素敵な人に出会えました! 彼女のお腹のなかには、新しい命が。 けんぼーさん(24歳) 静岡県 僕が送ったいいかもに、「ありがとう」をもらってからメッセージのやりとりがスタート。 気が合うなと思って、思い切ってデートに誘ってみることに。 実際会ってみたら、一緒にいてとても楽しめそうだなって。 なんだか、運命を感じたんです。 今彼女のお腹の中には、新しい命が宿っています。 生まれてくるのが、今からとても楽しみ。彼女のお腹を見ていると、愛おしさがこみ上げてきます。 タップルを使っていなかったら出会わなかったと思うと…不思議な気持ちです。この幸せな日々のきっかけをくれたことに、感謝でいっぱいです。 これから人生を共にする彼女に、山ほどの幸せを感じさせてあげたい! どんなに辛いことがあっても、2人で乗り越えていこうね。 撮影:Lovegraph タップル運営より こんなに素敵なお二人が結ばれるきっかけがタップルだったなんて…涙が出るほどうれしいです。 赤ちゃんが生まれたら、是非写真を送ってくださいね^^ 思い出の公園に、家族皆でまた来れるといいですね。 末永くお幸せに!  

2016.11.28