恋愛流行語2018 流行のアプリに関連した言葉がランクイン 1位「マッチングアプリ」2位「アカウント乗っ取り」3位「荒野行動カップル」

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社マッチングエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:合田武広)は、「タップル誕生」の利用者を対象に、2018年の恋愛にまつわる流行語に関するアンケートを実施した結果、以下のような結果となりましたので発表いたします。

1位の「マッチングアプリ」は、共通の趣味や好きなことを通じて恋人探しができるアプリの事。手軽かつ効率的に幅広い出会いが得られるマッチングサービスは、若い世代を中心に利用されており、国内における2023年の市場規模は852億円を超えると予測されています。※1 近年は、より気軽に数多くの出会いを求める若年層のニーズを取り込んだサービスも提供されており、利用のすそ野が広がりをみせています。

2位の「アカウント乗っ取り」とは、付き合っているカップルがSNSアカウントのパスワードを共有し合い、お互いのアカウントにログインできるようにしている状態を指す言葉。プロフィール欄に「アカウント乗っ取り中」と書くことで他の異性を牽制したり、アカウントを共有し合うことで二人の間に隠し事がないことを確認し合うようです。SNSが出会いの場になってきているからこそ生まれたトレンドなのかもしれません。

3位の「荒野行動カップル」とは、現在流行中の「荒野行動」というオンラインゲーム上でのカップルを指す言葉で、ボイスチャットをしながら何度も一緒にゲームプレイすることもあるため、そこから現実の恋人に発展するケースも。そんなトレンドを反映してか、今回の恋愛流行語アンケートの自由記述には、“サバゲー恋活”という回答も見られました。一緒にゲームをプレイするドキドキ感が恋のきっかけに繋がっているのかもしれません。

4位の「カップルダンス」は、文字どおりカップル2人で踊るダンスのこと。若者に人気の動画SNSアプリTikTokでは、カップルの2人が様々なBGMに合わせて踊る動画がいくつもアップロードされており、#カップルダンスというハッシュタグでは約87万件※2の投稿がされています。

5位の「カップルYouTuber」は、カップルで活動するYouTuberのこと。チャンネル登録者が187万人を超えるほど人気のカップルYouTuberも存在しており、普段の二人の私生活を赤裸々に公開していたり、カップルならではのコンテンツを配信している様子がファンに人気のようです。

2018年恋愛流行語は、流行中のアプリに関する言葉が上位を占める結果となりました。男女の出会いから、付き合ってからのカップルの行動に至るまで、恋愛とアプリは切り離せない存在になってきているようです。

※1 オンライン恋活・婚活マッチングサービスの国内市場調査
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=21321

※2 動画SNSアプリTikTok上で#カップルダンスで投稿された件数。2018年12月3日時点

■調査概要

※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社のクレジット(Copyright ©タップル誕生 All Rights Reserved.)を記載してください。

■タップル誕生について

■関連リンク

App Store
GooglePlay