マッチングアプリ「タップル誕生」、結婚後の家事や働き方に関する調査を実施

 

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社でマッチングサービス「タップル誕生」を運営する株式会社マッチングエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:飯塚勇太)はこの度、サービス利用者972名の男女を対象に結婚後の家事や働き方に関する調査を実施いたしました。

 

調査トピックス

・結婚後の家事分担、66.6%の男女が「パートナーと分担(4-6割)したい」と回答
・女性は年齢が上がるほど家事を「自分が大半(7-8割)を担当したい」
・結婚後も「今まで通り仕事を続けたい」男性の8割弱、女性は約半数の4割程度が回答
・約半数の男女が結婚後に子供が「とてもほしい」と回答

 

結婚後の理想の家事の分担について教えてください。

6割以上の男女がパートナーと分担(4-6割)したいと回答しました。
女性は自分が大半(7-8割)を担当したいという回答も多く20.9%にのぼりました。

年齢、性別で見ると、女性は「パートナーと分担したい(4-6割)」が20代が最も多く、そこから年齢が上がるに連れ「自分が大半(7-8割)を担当したい」「自分がほとんどすべてを担当したい」と回答する割合が高くなりました。
男性の18歳、19歳では「自分がほとんどすべてを担当したい」「パートナーにほぼすべてを担当してほしい」の回答数が0となり、どちらかに偏った家事分担を好まない傾向が見られました。

 

 

結婚後の理想の働き方について教えてください

結婚後の理想の働き方は、「今まで通り仕事を続けたい」と回答したのは男性の8割弱、女性はその約半数の4割程度に収まりました。

今後結婚した場合、お相手との間に子供がほしいと思いますか?

子供が「とてもほしい」と回答したのは男女とも約半数となりました。女性の8.4%は、現時点で「ほしくない」と回答しており、男性の2.3%と比べても高い数字となりました。

 

今後も「タップル誕生」では、新たな生活様式下でも安心して恋活・婚活をしていただくために、「オンラインデート」を推奨し、ご利用の皆様に素敵な出会いを提供できるようサービス開発に努めて参ります。

 

調査概要

調査主体:マッチングアプリ「タップル誕生」が運営するLoveTech(ラブテック)ラボ
調査期間:2020年8月14日~2020年8月16日
調査対象:「タップル誕生」を利用している男女972名
※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社のクレジット(Copyright ©タップル誕生 All Rights Reserved.)を記載してください。

 

「Love Tech(ラブテック)ラボ」とは


オンライン恋活・婚活マッチングサービスの市場の発展に寄与することを目的に、その関連する調査を行う専門組織です。様々なテーマで意識・実態調査を行い、恋活・婚活の手段の一つとしてマッチングサービスの可能性を社会に届けることで、日本が抱える社会課題、未婚率の上昇や少子化問題の解決に取り組んでまいります。

 趣味でつながるマッチングアプリ「タップル誕生」について

マッチングアプリ「タップル誕生」は、スマートフォン向けマッチングサービスとして2014年5月にサービスを開始いたしました。グルメや映画、スポーツ観戦など、自分の趣味をきっかけに恋の相手が見つけられるマッチングサービスとして、20代の若い男女を中心にインターネットに慣れ親しんだ世代からの支持を受け、会員数500万人突破、「タップル誕生」を通して成立したマッチング数は延べ2億組と、国内最大規模のマッチング数となります。2020年4月1日より「オンラインデート」を推奨するプランを公開し、オンラインデートで使いたいマッチングアプリNo.1※となりました。

※2020年4月17日~4月20日の間、全国の18歳~30代男女2,000人を対象に実施した  恋活・婚活の意識と実態調査より

 

https://tapple.me/