カップリングユニオン発足から1年 統括責任者が語る今後の展望

サイバーエージェント2017年9月期通期決算説明会にて、新たな注力事業として「タップル誕生」をはじめとするマッチングサービスに力を入れていくことを発表いたしました。

昨年12月より、趣味でつながる恋活サービス「タップル誕生」を運営する株式会社マッチングエージェント代表合田が責任者となって、サイバーエージェントグループで運営している全てのマッチングサービスを集結させた横断組織「カップリングユニオン」を発足。グループ全体でマッチングサービスの成長を加速させいこうという動きもスタートしています。

 

今回は横断組織「カップリングユニオン」の統括責任者である合田に、組織発足1年の振りかえりと、今後の展望についてインタビューしました。

 

マッチングサービスに対する社会的変化

–カップリングユニオン発足から約1年が経過しましたが、この1年の手応えを教えてください

合田:2017年は大きな手応えを感じた1年でした。「タップル誕生」がApp Storeのトップセールスランキングで国内では業界No.1となり、位置情報を利用した、すれ違いを恋のきっかけにするサービス「CROSS ME(クロスミー)」、顔認証システムを活用して好みのタイプを探すサービス「mimi」も立ち上げから1年で軌道に乗ってきています。
今年の8月には、女性からはじまる恋活サービス「Torte(トルテ)」もリリースし、今後に向けた仕込みもできている状況です。

これら新たに立ち上げるサービスについては、タップル誕生で培ったノウハウ、主にサービス改善、広告運用、カスタマーサポートについて、より早いサイクルでPDCAを回すことが可能となり、横断組織ならではのシナジーが産まれているなと手応えを感じています。

また、マッチングサービス利用経験者の3人に1人が、 サービスを通じて恋人ができたという調査結果※1にもある通り、サービスの利用が一般化しているのを感じると供に、2017年はメディアにも沢山取り上げて頂ける機会にも恵まれ、マッチングサービスについて、世の中の見方も良い方向へと変化してきているなと感じています。

 

※1オンライン恋活・婚活利用実態調査(2017年11月発表・Love Techラボ)https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=20929

 

 

今後提供していくのは「新たな体験」

–「タップル誕生」が国内最大規模となりましたが、今後どういったことを目指していきますか?

合田:今以上に、サービスを利用していることを周りに堂々と公言出来るプロダクトにしていきたいと思っています。

現状だと、異性を選ぶ際に顔や年収などのステータスが重視されがちになってしまいますが、実際の恋愛では「趣味」などの「内面」がきっかけで、恋愛に発展するというケースが多いと思います。今後はよりその人の「内面」にフォーカスしてプロダクトをブラッシュアップしていく予定です。

マッチング精度の追求、マッチした後に会話を盛り上げる演出、お付き合いまでスムーズに発展していけるよう、インターネットでの出会いをより本質的な体験に寄せていきたいと思っています。

 

サイバーエージェントの新たな柱に

–カップリングユニオンとしての今後の展望を教えてください。

合田:サイバーエージェントは、広告代理店事業、ゲーム事業、メディア事業と3つの事業の柱がありますが、マッチング事業が第4の柱となるよう成長させていきたいという気持ちは、1年前の立ち上げの時から変わっていません。

第4の柱となるには、カップリングユニオンのサービスそれぞれが新たなユーザー層を獲得し、市場全体を拡大していかなければなりません。新しいユーザー層を獲得するためには、それぞれのサービスがオリジナリティがあり、しっかりとユーザーのニーズを捉えていくことが重要です。

技術についても独自のマッチングアルゴリズムや、ユーザーの方に安全にご利用頂けるよう自動監視システムの開発にも注力し、業界特有の課題を解決していきたいと思っています。

 

2018年度もメンバー一丸となって、「インターネットで恋愛」を当たり前の世の中へを実現するべく、どんどんチャレンジしていきたいと思っています。