【カップル事例】アプリは画期的な発明品。「ふたりのヒミツ」でグッと近づいた!

R.Kさん

26歳

東京都

R.Kさん:僕はサービス業に勤めており、休みが平日なんです。職場は男性しかおらず、出会いが全くなく途方に暮れているところ、先輩のすすめで「タップル誕生」の利用を開始しました。

3

彼女からいいかもが来た時、まさにどストライクで、メッセージのやりとりが弾みました。

次第に共通の友人がいることがわかり、それも大きなきっかけになりましたね。僕の職場に彼女の元同僚がいたんです。意気投合し、デートの約束を取り付けました。

8

デート前は、その同僚から気になる彼女の事を根掘り葉掘り聞き出しました。明るくて楽しい子とのことだったので、会うのに期待を募らせていたのですが…

なんと当日、僕の仕事の都合で1時間遅刻してしまったんです。寒い中待たせている彼女の気持ちを考えるとすごく申し訳なくて。待ち合わせ場所へ恐る恐る行くと、彼女は笑顔で待っていてくれました。

7

その後、彼女から怒涛の猛アタックがあり(笑)

3週間後にお付き合いする事になりました。

35
僕ら2人でいると、笑いがたえないですね。お互い焼き芋が好きで、食べ歩きをしながら家まで帰り昼寝をしていると、同時に布団の中でオナラをしてしまったことがありまして。最初は「息ぴったり」など笑っていたものの、数秒後お互いのあまりの臭さに2人で悶絶し、しばらくの間笑い転げたこともあります(笑)

36

僕の仕事が忙しい時などは、家事や料理などできない事をフォローしてくれたり、そういった一面にも助けられています。

1
たまに僕が悩んでも、明るく吹き飛ばしてくれる、そんな彼女です。

S.Kさん

20歳

埼玉県

S.Kさん:何気ない気持ちでアプリ画面を眺め、見つけた彼はどストライク。メッセージのテンポも合い、スマホを見ながら声をあげて笑ってしまうこともありました。

10

タップル誕生の中には「ふたりのヒミツ」という、お互いにだけ見える質問コーナーがあるんです。お互い真剣な答えを送りあったり、ふざけ倒したりして、距離がめちゃくちゃ縮まりましたね。まだ一度も会っていないにも関わらず、親近感を感じました。

そして迎えた初デート。もう心掴まれていて、すっかり大好きになってしまいました。

24

わたしからの怒涛の猛アタックの末、めでたくカップルになったんですね(笑)

彼は面白いだけじゃなくて、年上として包み込んでくれるところもあります。車も持っていて、色んなところに連れて行ってくれますし。誕生日に、サプライズでディズニーリゾートに連れて行ってくれて、豪華ホテルに泊まらせてくれたこともありました。

14

わたしがだらしなくしてしまう部分を、本気で叱ってくれたこともあります。

5

彼と出会えて毎日がとても楽しくなり、見える景色が大きく変わりました。

忙しい毎日を過ごしていると、つい「出会いがない」と思ってしまいがち。ですが最近は、そんなの行動に移していないことの言い訳なのかもと思うようになりました。

19

アプリでの出会いには少ながらず抵抗を持つ方もいると思いますが、その壁を超えたら景色が変わります。

普段会えない人やタイプの人と知り合えるきっかけが得られますからね。これは、画期的な発明品だと思います!

2

新しい出会いが、どこかに出かけるきっかけにつながるかも。皆さんにも、素敵な出会いが訪れますように!

運営チームより付き合って1年になるというお二人。笑顔いっぱいの写真から、お二人の仲の良さが伝わってきますね。これからも沢山笑って素敵な日々を過ごしてくださいね